スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

環境型貢献サイト

私がBlogを 更新する度に         少しずつ大きくなり、 実際に     植林する事ができます。
一緒に 4本目の 成長を 楽しんで下さいネッ♪ (*^(Ω)-*)

りんごカウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

リンク

Google

Google

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本 ~ 月にあいにいったアギサ ~

りょうまの お気に入り絵本の紹介です。

月にあいにいったアギサ
月にあいにいったアギサ
伊藤比呂美 ぶん     斉藤隆夫 え
福音館書店
こどものとも


パプアニューギニアの民話。

昔、人々は 月の正体を知らなかった。
そこで、アギサという男性が カヌーを作り 
「月に あいにいってくる」と言い 月の出ている方向へ漕いで行った。
スズメバチの国、ミツバチの国、シロヘビの国、黒ヘビの国・・・
各国で襲われながらも 月へ向かいカヌーを漕ぎます。

アギサが知った 月の正体とは・・・。




この絵本は、魔女っ子ねえさんから貰った絵本です。
こちらも、りょうまが お腹の中にいる頃から
読み聞かせておりました。

1~2歳児に読むには 文章が長く まだ早いかな・・・と思いつつ
読んであげたのですが、りょうまの場合 そんな事はなかった!
この絵本は そんな小さな頃から
大好きで 大喜びで聞いてました。

アギサは、スズメバチや ミツバチに わんわんと襲いかかられ
カヌーを ひっくり返し その下に隠れます。
この場面が大好きで

私がハチになりきって りょうまを チクチクチク・・・と
指でつついて 襲いかかると
キャッキャと言いながら逃げ、毛布の中に隠れて
遊ぶのが お気に入りでした。

今も、相変わらず愛読書の1冊で 
ソファーをカヌーにして ホウキやバットなどを オールにし
私が読むのに合わせ アギサになり切って カヌー漕ぎをしてます。

最後のページに、帰って来たアギサの話を聞く 
39人の人が 描かれているのですが・・・

全ての登場人物・動物・生物に
会話をつけてもらうのが 大好きなりょうまですから・・・
ママは大変です。
読む度に、いろんな言葉を当てはめ 喜ばせていますよ

たまに、「さっきと違う!」と 鋭いツッコミが入りますがね






↑今日も Thank youりんご

スポンサーサイト

テーマ : 絵本 - ジャンル : 育児

タグ : 絵本

<< 王子の工作   | ホーム | 素敵な贈り物 & 素敵な言葉 >>


コメント

不思議な話だよね

パプアニューギニアの民話ってどんな話だろう!?ってワクワクしたのを覚えてるよ。高校生の時に世界の民話全集を読んだけど、その国の歴史や宗教、土地の人の生活が多く反映されてて、すごく不思議が一杯詰まってて面白いhttp://blog109.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12">。でも何故か世界共通の部分とかもあって…。本当に不思議!

魔女っ子ねえさんへ(*^_^*)ノ

りょうま、2歳の頃から 国旗の名前で
パプアニューギニアを 覚えていたから、
この絵本で「パプアニューギニア」の名前を聞いた時は
大喜びで 大興奮だったのよe-68e-343
面白い絵本だけど、今は古本屋などでしか
手に入らないみたいだね!

世界の民話全集、面白そうっe-415
りょうまにも、色んな国の話をしてあげたいナ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。